余裕資金が手元にあるときは、住宅ローンの全額または、

一部の繰上返済を考えましょう。

全額繰上返済は、文字通りローンの返済を終了してしまうことを言います。

*全額返済するということは、借入残高が無くなりますので
 住宅ローン減税制度が受けられなくなりますのでご注意を。



ここでは一部繰上返済について簡単にご紹介します。

一部繰上返済には、返済期間を短縮する返済期間短縮型と、

毎月の返済額を軽減する返済額軽減型の2つがあります。

どちらも元金を繰上げて返済することにより、金利負担を減らすことができます。

それぞれの特徴は、返済期間短縮型は、当初の予定よりも早くローンを終了できること、

返済額軽減型は毎月の返済額を少なくすることで、生活に余裕が生まれます。

ただ、繰上げ返済を行うためには、手数料が必要になるので、

ある程度まとまった金額ができたときに行うのがより効果的でしょう。

※ワンポイントアドバイス ⇒ 繰上げ返済をしてラクラク生活を送ろう。
?Gg[???ubN}[N??